刀水歴史全書90
アステカ王国の生贄の祭祀 アステカ王国
生贄
祭祀
血・花・・戦


岩崎 賢著


定価: 本体2200円+税
2015年8月刊
ISBN978-4-88708-423-0
四六判 202頁



在庫あり

古代メキシコに彗星の如く出現し,強烈な輝きを放ちながら,わずか 200年ほどで消滅したアステカ王国。そこで壮大に行われた【生贄の祭り】の神髄は,[人間の血を神々に捧げ,神々の血を人間が頂く] ことであった。
本書は,古代語文献や考古学・人類学の史料,60点を超える図像資料を駆使して,新しい解釈でアステカ人の精神性に肉薄する,本邦では他に例のない大胆な挑戦である!
【目  次】
序 古代メキシコとの出会い
第一章 アステカ人の供犠と宇宙論
第二章 神々に血を捧げる
第三章 神々から血を頂く
第四章 花と笑い
第五章 クエポニ―戦場に咲くアステカ戦士
結び 宗教現象における創造の力
注/参考文献/あとがき/索引
【著者紹介】
岩崎 賢 いわさき たかし
2005年,筑波大学大学院(博士課程)哲学・思想研究科を修了。博士(文学)。
現在,茨城大学・中央大学などで非常勤講師を務める。

"Man-god", in, David Carrasco, ed., The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Culture, vol. 2, Oxford University Press, 2001, pp. 163-164.「アステカの宗教」『世界宗教百科事典』(井上順孝編)丸善出版,2012年,702-703頁
 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について | リンク集
Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved